6月28日(金)国東への旅2日目、国東町来浦の叔母を訪ねた際、時間があったので付近を散策してみました。最初に寄ったのは、旧大聖寺五輪塔群です。子供の頃からずっと見てきた風景に、特別な思いを持つことはありませんでしたが、歴史的な史跡のようです。
DSC_0037
DSC_0038

ここから山道を歩き現在の大聖寺に向かいました。
山道を数百メートル上って行くと、山門へと続く石段が見えてきます。石造りの仁王が、出迎えてくれました。いつ頃作られたのでしょうか?
DSC_0039

阿形
DSC_0040

吽形
DSC_0041
どちらも素朴で、ユーモラスな印象です。

途中、石碑に『庄屋』の文字が見てとれます。庄屋さんが何か寄進したのでしょうか?
DSC_0042

山門が見えてきました。
DSC_0043

大聖寺本堂
DSC_0044
境内を散策した後、本堂をお参りしました。
庚申塔でしょうか?
DSC_0045
ゆっくり散策していると、色々と疑問も浮かんできます。詳しい人に聞いてみたくなりました。
帰りは別ルートで、山を下ってみました。参拝者にも観光客にも会いませんでしたが、ゆっくり散歩することなどほとんどないので、ずいぶんリフレッシュ出来ました。