令和6年3月31日(日)SAGAプラザ総合体育館にて、主管:新極真会佐賀筑後支部 第32回佐賀筑後空手道選手権大会が開催された。この大会に三善泰洋選手【フリー / シニアC(51歳以上59歳未満の部)】が出場し、見事3位入賞を果たした。
長年こだわっていた一般部から壮年部にカテゴリーを変えて臨む初めての試合で、どこまで通用するかに注目が集まった。壮年部転向初戦は、実力を発揮して5-0の判定勝ちで準決勝に進んだが、続く準決勝は0-5の判定で敗れた。55歳にして試合に臨む姿勢は立派だ。全力を尽くしての3位は、価値ある入賞だった!

大田先生のサポート、中川さんの応援の下、持ち味を見せてくれた。
eb4e5bf2e48844

会場にて、新極真会広島支部の島本一二三先生と笑顔で
fb9056e62f01a56043

いざ試合場へ。緊張が高まる!
0a3ff0109e80e50

3位のトロフィーを手に。結果が残せてほっとひと息というところだろうか?
975a5d3f6fc31

三善さん、3位入賞おめでとうございます!サポートされた大田先生、中川さん、大変ありがとうございます。最後になりましたが、この大会を主催された新極真会佐賀筑後支部の楠師範はじめ、大会関係者の皆様にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。押忍