令和6年3月30日(土)広島県立総合体育館 第1柔道場にて、JBJJF 広島国際柔術選手権2024 が開催された。この大会に山口有永道場から八嶋 剛司選手(有永道場 Team Resolve / マスター1青帯ライト級 -76.00kg)が出場し、見事優勝した。

多忙のため試合から遠ざかっていた八嶋選手の復帰戦は、柔術になった。2名のみの参加となったこの階級は、勝ったほうが優勝となる。前半、上を取ってパスガードし、優位に試合を進めた八嶋選手だったが、終盤に上下が入れ替わると、パスガードを許してしまう。相手選手の追い上げにひやりとしたが、前半の貯金で逃げ切り、判定勝ちで復帰戦を優勝で飾った!

青帯を締めて、いざ試合場へ!
1711768268514

カレー大盛りで、勝利を祝った?!実は、この時点で は、道場の仲間たちに結果が伏せられていた。要望に応じて、渋い表情を作る八嶋選手(笑)
1711771762911
『久々の試合に練習や体力作りで不安な点はありましたが、楽しむことを第一目標に試合をしてきました。反省点は多々ありますが、楽しんで試合が出来たので良かったです。今後もエンジョイしながら、技術の向上に取り組んでいきたいです。ちなみに今後の試合の予定は・・・』と八嶋選手は語った。
若手を引っ張る存在になった八嶋君には、これからも道場を盛り上げてもらいたい。
なにはともあれ、八嶋君、優勝おめでとうございます!引率された宮崎先生、応援に行かれた皆様、ありがとうございます。最後になりましたが、この大会の関係者の皆様に、この場を借りて厚く御礼申し上げます。