令和4年9月25日(日)善通寺市民体育館にて、主催:極真空手中山道場 第1回極真空手道選手権大会・うどん県CUPが開催された。この大会に山口有永道場から、井上 紗選手(小学6年生女子/42kg未満)と三千田 桃香選手(小学6年生女子/42kg以上)の2名が出場し、それぞれ熱戦を繰り広げ、三千田選手が準優勝、井上選手が3位入賞した。

準優勝の賞状とメダルを手にする三千田選手。表情に充実感が見て取れる。このところ、荒削りながらアグレッシブな突きと下段廻し蹴りの威力が増している。三千田選手は、初戦からリズムよく動いた。得意の突きの連打をまとめてはステップバックするヒットアンドアウェーで、本戦中盤までペースを握ると、後半に入り下段廻し蹴りと膝蹴りを織り交ぜて押し切り、判定勝ちした。続く決勝戦でも、果敢に打ち合ったが、相手選手の正確な右下段廻し蹴りに崩され、上段前蹴りで技有りを奪われた。惜しくも判定負けとなったが、持ち味の積極性を見せ、見事準優勝した!
DSC_0048
3位の賞状を手にして、微笑む井上選手。初戦、得意のフットワークを駆使して、相手選手に的を絞らせない。勝負どころで的確に技をまとめて、危なげなく準決勝に進んだ。準決勝でも、前に出てくる選手に対して、回りこみながら技を返す。有効打の数は互角だったが、積極性に優った相手選手に旗が上がった。ここで敗れたものの、練習の成果を十分見せての3位入賞だった!
DSC_0034
初戦を前にして緊張から、思わず涙を見せる井上選手を、三千田選手が励ました。時に真剣に、時に冗談を言い合いながら支えあった。試合に限らず、今回の旅は思い出深い体験になった。
DSC_0026
会場入りして笑顔を見せる両選手。本当に仲がいい(^^)
DSC_0008

DSC_0013
私も一緒に
efa8f0cc3f779278ca0bb60db207e446-1664114932310
ヘッドガードを装着して、徐々に落ち着きを取り戻した。
DSC_0029
緊張の中にも楽しむ気持ちを忘れなかった。稽古も試合も辛いだけの経験にしてはいけない。
DSC_0032
賞状とメダルを手に、そろって笑顔を見せてくれた。道場に帰れば、後輩たちの規範になってくれる!
DSC_0043
女の子の変顔は掲載しにくいのだが・・・べっぴんさんが台無し??
DSC_0047
桃香ちゃん、紗ちゃん、おめでとうございます。保護者の皆様、ありがとうございます。最後になりましたが、この大会を主催された中山師範はじめ、大会関係者の皆様にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。 押忍

香川県善通寺市に向かう道中、瀬戸中央自動車道の中ほどにある与島パーキングエリアで、偶然、河﨑さん夫妻に出会った。河﨑さんは極真時代、ともに汗を流した方で、当時指導員を務めていた。その後も長く付き合いは続いているが、コロナ禍になり会う機会が無くなっていた。そんな中、地元を遠く離れた場所で出会うとは思いもしなかった。しばし近況報告で盛り上がった。奥さんもお元気そうで何よりだった。
瀬戸大橋を背にして
DSC_0052
度々ご夫婦で旅行をされている。おしどり夫婦だ(^^)
DSC_0003
またお会いしましょう!!