8月の新極真九州大会に出場予定の森川先生が、久しぶりに土曜日の稽古に参加してミットに強烈な技を叩き込んでいました。森先生は本当に久しぶりに出席してくれ、職場の後輩でもある中村コウキ君の成長に目を細めていました。
森森コンビが出席してくれたお陰で、一般部、小中学生ともに出席者多数で熱気に包まれていました。
ベテラン勢が若手の良い手本になるとともに、良きアドバイスを送ってくれます。
4a41d5d489dbbb552a6ad6935e922928-DSC_0002-21

895bb5c29b174b47d8714c94fa86b189-DSC_0001-15
試合用のしんどい練習でしたが、子供たちもよく頑張りました(^^)
bf51fbb5998584c190641672477022be-DSC_0003-15
どんなに厳しい稽古をしても、稽古後や休憩時間はこんな感じです(笑)
bae9b1e7c55f66c4be60a59f7c6e70c5-DSC_0004-9
しっかりご飯を食べて、勉強もがんばりましょう!!
3c13b5b474c40ba4766fac748abc6465-DSC_0005-12

帰る前にカブトムシのことで、ひーちゃんから相談を受けました。先日、コウキくんとユウキくんのお父さんからいただいたカブトムシの幼虫(蛹かも)は、2匹とも無事成虫♂になったそうです。水槽に腐葉土と止まり木を置き昆虫ゼリーを与えたのですが、潜ったまま1週間ほど出てこないそうです。ゼリーを食べた形跡もないとのことです。
インターネットで調べてみたのですが、理由ははっきり分かりませんでした。そこで、ちょっと考えてみました。クワガタの場合、朽ち木の中で成虫になっても長い間出てこない場合もあります。
もしかしたら、このカブトムシも活動に適切な時期を待っているのかもしれませんね。このあたりでカブトムシがもっとも活動するのは、年にもよりますが7月中旬から下旬にかけてのような気がします。
たいていのクワガタは6月には活動していますが、山間部だと少し遅いようです。すべて私の経験からなので、間違っていたらすみません。
適切な答えが分かる方がおられましたら、教えて下さい。